Lenovo 夏のボーナスセールが7月30日まで開催!50%近く割引されている機種もあります!
Lenovo IdeaPad Duet Chromebookを使い倒したレビュー・動画編集や3Dゲームもできて高性能だった

Lenovo IdeaPad Duet Chromebookを使い倒したレビュー・動画編集や3Dゲームもできて高性能だった

Lenovo IdeaPad Duet Chromebookは、小型で低価格なのにサクサク動きますね。

この記事もChromeBookで書いているし、以下に紹介する動画もDuet Chromebookで編集しました。

最初は、小さいし安いのでそれなりの性能だろうと思っていたのですが、Microsoft Officeもオンラインで快適に使えるし、動画編集も出来てエンコードも普通のパソコンと変わらないくらいの時間でした。

10.1型なので、仕事で調べものをしながら資料作成が多い人はモニターに繋がないとちょっと疲れるかもしれませんが、出張時や外出時に持ち運ぶ2台目としては十分な性能があります。また、タブレットとしてメインに使う人は、もちろん使いやすいですよ。

Lenovo IdeaPad Duet Chromebookのレビュー

まずは使い勝手を紹介するので、動画をどうぞ。

ヤフーのページなんて8ページ一気に開けたけど、全然大丈夫だったでしょ?タブレットとしては快適以上の性能で、パソコンとして考えても中の上レベルの性能です。

ちなみに上の動画は、このIdeapad duet Chromebookで編集しました。その制作過程も撮影したのでこちらもどうぞ。

大した編集はしませんでしたが、結構凝った動画編集もこのソフトで出来るし、何よりもChromebookがその性能があるというのが驚きです。動画編集が出来るというのは、グラフィクスの性能もあるという事だし、Duet Chromebook自体が高性能だと示しているんですね。

実は購入前にいろいろとデメリットみたいなのを見たのですが、紹介しますね。

  • Windowsのアプリが使えない
  • Officeがダウンロードできない

「Windowsのアプリがダウンロードできないので使いにくい」って見たのですが、まぁ、OSがChrome OSなので当たり前ですよね。Windows用のアプリは使えないですが、Chrome OS用のアプリがGoogle Playからダウンロードできるので困る人はほとんどいないと思います。

「Officeがダウンロードできない」なんて声が多かったですが、オフラインで使う時にはGoogleのドキュメントやスプレッドシートを使い、Office形式でダウンロードすれば後でOfficeで使えるし、提出する場合もOffice形式のものを相手に送れば問題ありません。

GoogleドキュメントをOfficeの.docxでダウンロードする方法

私もパソコンではOfficeを使っているので「Office使えないと面倒だな」って思ったのですが、データはGoogle drive経由でどこにいても、どのパソコンからでも開けるので、特に困ったことはありません。

また、Google playから、FacebookやLINE、Tewitter、Tiktok、インスタグラムなんかもダウンロード出来ます。困ることは無いと思いますよ。

パソコンを使っている人はGoogle Chromeを使っている人が多いと思うし、Googleアカウントも持っていると思うので、設定なども簡単で、Chrome OSだから使いにくいなんてことはありません。

今WindowsのパソコンとDuet Chromebookを横に置いてどちらも使いながらこの記事を書いていますが、個人的に使用感に差はないです。

3Dゲームも出来る性能

Call of dutyをLenovo IdeaPad Duet Chromebookでプレイしている所Call of dutyをLenovo IdeaPad Duet Chromebookでプレイしている所

試しにCall of duty mobileをダウンロードしてやってみたのですが、FHD標準画質でカクツキは一切なく、サクサクできましたよ。

もしかしたら、その辺のパソコンより全然性能がいいかもしれないですね。普通のノートパソコンはグラボが付いていないと3Dゲームは厳しいのですが、Ideapad duet Chromebookは問題なしでした。

他にもWorld of tanksも快適でしたね。

World of tanksをLenovo IdeaPad Duet Chromebookでプレイしている所

ゲームはゲーミングPCでやっていたのですが、タブレットでやるのも悪くないですね。いつでもプレイできるし。

スペック

Lenovo IdeaPad Duet Chromebookの外観・正面

正直言うと性能のスコアはあまり良くないのですが、上の動画で見た通りサクサク動くんです。というのも、Google OSは全てが軽量化されているので使うアプリにしても、オンラインのOfficeにしても軽く使いやすいんですね。

体感的にパソコンの性能で言うと、Intel core i3(最新世代)~Core i5(第8世代)、メモリ8GB、SSDといた感じです。

というのも、私が使っているCore i3・メモリ4GBのパソコンより表示が早く、Core i7・メモリ12GBより遅いくらいなんですね。

プロセッサーMedia Tek Helio P60T
コア8コア
RAM(メモリー)4GB
ストレージeMMC 128GB
ディスプレイWUXGA IPS 光沢あり タッチパネル
グラフィックスCPU内蔵
質量本体・450g
キーボード・カバー付き総重量・920g
保証1年間引き取り修理
バッテリー最大10時間
OSChrome OS
AndroidAndroid 9
寸法本体 239.8×159.8×7.35mm
カバー・キーボード装着時 244.9×169.3×18.2mm
価格3万9800円~

性能表だけを見ると至って普通な性能なのですが、前述したようにIdeapad duet Chromebookはサクサク動くんです。

これはひとえにOSがChromeだから、全てが軽量化されて高速表示が可能なんです。さすが、グーグルと言った速さです。

また、パソコンの頭脳であるCPUのコアが8コアなのですが、標準的なパソコンのコア数は2コアが多いですね。いいやつで4コアとかです。

コアが多いと複数のアプリやページ、ファイルが同時に扱えるので、いろんなものを開けてもサクサク動くんですね。上の動画の後半でヤフーページを一気に8ページも開けることが出来たのは、コア数が大きいからなんです。

ストレージはデータ(画像や動画、ファイル、アプリ等)の倉庫で、128GBはタブレットにしては大きいですね。ストレージの種類はeMMCと言ってSSD(超高速データ転送が出来るタイプ)ストレージと同じフラッシュメモリが使われています。

性能表で言うと、HDD(ハードディスクドライブ)よりめっちゃ速くSSDより遅いという速度ですが、何度も言っているようにChromebookなので、SSDと比較しても体感では速度差は分からないです。(私は体感で違いは感じません)

ディスプレイはWUXGA(解像度1920x1200) IPS液晶 光沢ありという高解像度で質高い液晶が使われています。

WUXGAとは言い換えたらFHD(フル・ハイディフィニション、解像度1920x1080)と同じですが、寸法が違うので違う名前が付いています。

IPS液晶はスマホの様にどの角度から見ても画面がきれいで見やすい液晶なので、タブレットとして使っても、パソコンとして使ってもきれいに画面が見えます。

また、一応タブレットなのでパソコンの様に起動しなくていいので、いつでもどこでも素早く使い始めることが出来ます。

内蔵カメラ

Lenovo IdeaPad Duet Chromebookの背面(メイン)カメラで撮影背面カメラLenovo IdeaPad Duet Chromebookの前面カメラで撮影前面カメラ

カメラの解像度はセルフィ―用の前面カメラが200万画素、背面が800万画素となっています。スマホに比べると解像度は劣りますが、ビデオ電話や屋外の撮影であれば問題ないレベルです。

上の写真は約2MBの画像をリサイズ・圧縮して50KBくらいまで落としているので本来の画質より劣っていますが、悪くないレベルです。

屋外だと全然悪くないですね。

Lenovo IdeaPad Duet Chromebookの背面カメラで撮影 花Lenovo IdeaPad Duet Chromebookの背面カメラで撮影 牛

軽い・薄い

Lenovo IdeaPad Duet Chromebookの薄さLenovo IdeaPad Duet Chromebookの薄さ

本体はたったの450gなので、持っているのが分からないくらい軽いです!(言い過ぎですね(笑))

厚さは7.35㎜なので、薄型スマホくらいですね。場所を全然取らないので、外出用としても使いやすいです。

キーボード

Lenovo IdeaPad Duet Chromebookの外観・左横から

いつも14型か15型を使っているので、10.1型のキーボードって打ちにくそうって思ってたのですが、全然そんなことないですね。まぁ、サイズに慣れは必要ですが、キーボードの打感が軽すぎないので「キーボードをタイピングしている」感覚です。

私は普段IdeapadとThinkPadを使っているのですが、Ideapadより全然打感が良く、ThinkPadに似た感触です。全然悪くない打ち心地です。

おすすめの人

使い始めた当初は、「タブレットとして使う人」、「持ち運び用の小型パソコンを探している人」、「メールチェックや出張先で書類作成をする人」と思っていましたが、これに加えて「簡単な動画編集をする人」、「自宅用で安いパソコンを探している人」にも合うなって思いました。

動画編集は私もやったし、自宅用でも十分使えるなって思います。

「画面が小さいんじゃないの?」って思うと思いますが、テレビやモニターにも繋げるので大画面で使うことが出来ます。

テレビに繋ぐには、Google Chrome CastをテレビのHDMIポートに接続し、Chromebookでキャストを選んで接続します。

Chromebookをテレビに映し出す方法

私は家で使う時はパソコンを使うのでクロームキャストを持っていないですが、キャストをテレビに接続すると現在「サポートされていないソースです」が「シェアするスクリーンを選んでください」と表示されます。

もしくは、Chromebookの電源ポート(USB-C)にDisplay Port出力機能があるのでUSB-C→Didplay Port変換ハブを購入すればモニターに映し出せます。(詳しくはGoogleサポートをどうぞ→Chromebook ヘルプ

大画面であれば目も疲れにくし、作業がしやすくなりますね。

まとめ

タブレットとしてみたら4万円と安いわけじゃないですが、パソコンとしても使えるのでコスパが高い機種ですね。

資料作成も出来るし、動画編集、3Dゲーム、スカイプなどのビデオ通話もできる優れもので、何と言っても持ち運びがすっごく楽なので、旅行にも出張にも持って行って仕事が出来るし、カフェで使ってもいいですね。

購入はLenovo公式ページ、もしくはアマゾンのLenovo公式ページで購入できますが、人気過ぎて在庫が少ないですよ。