Lenovo 夏のボーナスセールが7月30日まで開催!50%近く割引されている機種もあります!
Lenovo IdeaPad S130のレビュー

Lenovo Ideapad S130(14)のレビュー・性能を分かりやすく紹介

IdeaPadはシリーズはコスパが高い機種が多く、スペックも低~高といろいろ選べるのが特徴ですね。

S130はライトユーザー向けの機種になりますが、14型と画面も大きいので使いやすいし、動画なども見やすいです。

価格はたったの3.3万円と格安なのですが、標準的なスペックなので安心して使えます。

まずはスペックを紹介します。

Lenovo IdeaPad S130のレビュー搭載パーツ性能評価
CPUIntel Celeron N4000
コア/スレッド2/4
メモリ(RAM)4GB
ストレージ(SSD)128GB
OSWindows 10 Home
セキュリティーWindows Defender
ディスプレイLEDバックライト付きHD
グラフィックスCPU内蔵インテルUHDグラフィックス600
Office無し
バッテリー約8時間標準
サイズ334x235x18.6㎜少し厚い
重量1.47㎏軽め
カラーミネラルグレー
保証1年間引き取り修理
価格3.3万円~(セール中により変動有り)
おすすめユーザーライトユーザー
レビュー/500件

スペックを見ると、外でも使うことがあるライトユーザー向けの機種ですね。

ストレージには、ハイエンドモデルに使われるSSD(ソリッド・ステート・ドライブ)が搭載されているので、パソコンの起動やスマホの写真データなどの移動は素早くできますね。

バッテリーは約8時間なので、外出先で使う人でも充電ケーブルの持ち運びはほとんど必要ないと思います。また、重さは1.47㎏なので持ち運びもしやすいです。

CPUはCeleronなのであまり性能が良いものではないですが、いくつものアプリやページを開いてパソコンを使わなければ、動きが悪いと感じることもほとんどないと思います。

カラーは一番人気のミネラルグレーなので、おしゃれな見た目になっています。

S130は、

  • Youtube
  • オンラインショッピング
  • Skypeでオンラインレッスン
  • FacebookなどのSNS
  • ネットサーフィン
  • メール
  • 標準アプリで画像・動画編集

などをメインに使う人向けの機種です。

逆に、大きなファイルやアプリを使ったり、本格的に画像・動画編集などをする人には向きません。

セール期間中の値段は約3.3万円なので、かなりお得な値段になっています。

現在Lenovoでは2020年8月27日まで夏の大感謝祭をやっており、最大64%もの割引があります。この機会をお見逃しなく!

IdeaPad S130のレビュー

Ideapad s130のOSはWindows 10 Home

OSには最新のWindows 10 Homeが搭載され、Windows Defenderというセキュリティが付いています。マルウェア対策やフィッシング対策などやってくれるので、安心して使えます。

設定は特になしです。パソコンを始動したらセキュリティがパソコンを守ってくれます。

Intel製のCPU・Celeron N4000が搭載されています。性能は標準以下くらいですが、上記したような普通の使い方だったら特に不便に思う事もないです。マルチコアになっているので、いくつかのアプリを同時に起動も出来ます。

ただし、毎日何時間も使う人は、IdeaPad S340くらいにした方がいいです。こちらは全てが標準性能になっています。

メモリは標準的なサイズの4GBなので、特に困る事はありません。

ストレージには、ハイエンドモデルに使われるSSD(ソリッド・ステート・ドライブ)が使用されています。これがあるので、パソコンがサクサク動きます。3万円のパソコンにSSDは、結構すごいです。

マイクロソフトのOfficeが付いていないので、必要な人は無料で使えるオンラインのOfficeを利用しましょう。

Lenovo ideapad s130のキーボード

キーボードはいたって普通の、アイデアパッドらしいキーボードです。アイデアパッドらしいとは、キーが軽いのでタイピングしやすいということですね。

見た目

Ideapad s130のディスプレイLenovo IdeaPad S130のレビュー

材質はプラスチックですが高級感がある色なので、私もいつもこの色を選びます。カラーはThe IdeaPadと言った感じのミネラルグレーです。

Lenovo ideapad s130の外観・横

サイズは334x235x18.6㎜で標準的なものですが、横から見ると結構細く見えます。

Lenovo IdeaPad S130のレビュー

本体はほぼ180度開きます。横から見た感じも薄く、おしゃれな感じです。

ディスプレイ

Lenovo ideapad s130(14)のディスプレイ

今現在FHD(フル・ハイディフィニション・1920x1080)が主流になっているのでHDの画質は少し劣りますが、個人的には2つ並べて見ないと違いが分からないかなと思います。ディスプレイは、LEDバックライト付きHD(ハイディフィニション)で、解像度は1280x720、TN液晶になります。

TN液晶は視野角が狭いので、画面の角度を変えたり横から見ると薄暗く見える角度があります。

1つ上の解像度FHD(フル・ハイディフィニション)が良いという人は、+3000円ですがIdeaPad s340(14)になります。

グラフィッスク

グラフィックスは、CPU内蔵のインテルUHDグラフィックス600になります。

グラフィックスは主に、3Dコンピューターグラフィックスを必要とする3Dゲームなどをする時に必要となる機能で、S130に搭載のグラフィックスでは最新の3Dゲームをするのはきついですね。

S130を買って3Dゲームをするという人も少ないと思いますが、念のためベンチマークスコアを紹介します。

Lenovo ideapad s130のCPU・ベンチマークスコア

グラフィックス性能は低いですが、動画編集やゲームをしない人はほとんど関係ありません。

保証

Lenovoのノートパソコンには、標準で1年間引き取り修理の保証が付いています。

万が一の時は助かりますね。

インターフェーズ

Lenovo IdeaPad S130のレビュー

  1. 電源ジャック
  2. USB3.0
  3. HDMI
  4. USB3.0 Type-C

Lenovo IdeaPad S130のレビュー

  1. Novoボタン
  2. microSD メディアカードリーダー
  3. マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボ・ジャック
  4. USB3.0

マイクロSDカードリーダーがあるので、スマホにMicroSDカードを使っている人は簡単にデータ移動が出来ますね。

また、HDMIジャックがあるので、ケーブル一本で外付けディスプレイに接続できます。

購入者のレビュー評価

Ideapad s130のレビュー

Lenovo公式ページ記載の「購入者のレビュー」は500件あり、星4.4/5になっています。人気がありますね。

ライトユーザー向けの機種で毎日何時間も使わない人であれば、特にストレスを感じずに使えるし、何と言っても3.3万円と格安なので、そんなにパソコン使わないけど必要って人にうってつけの機種です。

初めにも言ったように下記のような用途であれば普通に使えるので、コスパが高く評価も高いと思います。

  • Youtube
  • オンラインショッピング
  • Skypeでオンラインレッスン
  • FacebookなどのSNS
  • ネットサーフィン
  • メール
  • 標準アプリで画像・動画編集