Lenovo 夏のボーナスセールが7月30日まで開催!50%近く割引されている機種もあります!

Lenovo ideapad Slim 350(14型) AMDのレビュー・初心者向けにスペックや購入方法を丁寧に紹介

Lenovo ideapad slim 350は、Ideapad s340の後継機種として販売されています。

新製品という事で何が一番変わったかと言うと、プロセッサー(APU)の性能です。Slim 350は4.2万円からと低価格モデルのノートパソコンなのですが、20万円台に使われるような性能のプロセッサーが使われているんです。

これを見た時「えっ?」っと思ったのですが、やっぱりかなり高性能です。

スペックはこの様になります。

搭載パーツ評価
APU(AMD)A4-3020E
Ryzen 3 4300U
Ryzen 5 4500U
Ryzen 7 4700U



コア/スレッドA4・2/2
Ryzen 3・4/4
Ryzen 5・6/6
Ryzen 7・8/8



RAM(メモリ)4GB、8GB
ストレージSSD 128GB~512GB低~大
ディスプレイHD TN液晶 光沢なし
FHD TN液晶 光沢なし

サイズ327.1x241x19.9㎜少し大きい
重さ1.5㎏標準
バッテリー9時間
グラフィックスAMD Radeon Graphics
生体認証無し
Office搭載機種有り
セキュリティWindows Defender、プライバシーシャッター
保証1年間
価格4万円~低価格
おすすめユーザーライトユーザー~ヘビーユーザー

Ideapad s300シリーズの特徴は、スペックの幅が大きいのであまり使わない人から毎日10時間使う人にも対応できるスペックがあるところなのですが、今回はAPU(プロセッサー)に最新世代のRyzen 3,5,7が使われている所です。

詳しい性能は以下で紹介しますが、このAPUは4万円台のパソコンに搭載するようなスペックじゃないんですよね。間違いかな?と思うほど性能が高いです。

少しだけ注文を付けるとしたら、指紋センサーや顔認証の生体認証がないことと、バッテリーが9時間なので、人によっては充電アダプターの持ち運びが必要かもしれない、と言うところです。

それ以外は文句の付け所がないです。価格も4万円~と格安なので、非の付け所がないです。

現在Lenovoでは2020年8月27日まで夏の大感謝祭をやっており、最大64%もの割引があります。この機会をお見逃しなく!

IdeaPad Slim 350(AMD)14型の特徴

Lenovo ideapad slim 350(AMD 14)レビュー・ディスプレイの種類Lenovo ideapad slim 350(AMD 14)のサイズ・カラー

ディスプレイはHD(ハイディフィニション・1366x768)かフルHD(ハイディフィニション・1920x1080)が選べます。使用頻度が低い人はHDでもいいかもしれませんが、よくパソコンを使う人はフルHDにしましょう。画質がいいと目が疲れにくいです。

Lenovo ideapad slim 350(AMD 14)のOS

OSはWindows 10 Homeで、セキュリティソフトのWindows Defenderが搭載されています。ウイルス対策をしてくれる高性能なものです。

プロセッサーにはAMD A4という低い性能のものから、高性能のRyzen 3、もっと高性能のRyzen 5,そしてかなり性能が高いRyzen 7の最新世代が搭載されています。

このRyzenシリーズの最新世代はかなり性能がよく、Intel製の同等クラスのCPUよりも全然性能が高く設定されています。ライバルに打ち勝つために低価格ハイスペックになっているので、私たちはその恩恵を受けれます。

メモリも一般用途なら全然問題ない4GB、鉄板と言われる8GB。8GBあれば困る事はほぼないでしょう。

ストレージにはハイエンドモデルに搭載されることが多いSSD M.2 PCle-NVMeが搭載です。データ転送速度の理論値が40Gbpsの最速モデルです。

Lenovo ideapad slim 350(AMD 14)レビュー・ビデオエディタで動画編集

グラフィックスはAMD Radeon Graphicsで、Intel製のCPU内蔵グラフィックスに比べると高性能です。簡単な動画編集はもちろん、軽い3Dゲームであれば出来るものも有るくらいです。

ただし本格的に3Dゲームや動画編集をするには性能が足りないので、これをする人はIdeaPad s540 15型のNVIDIAのグラフィックスボードが付いたものをおすすめします。

Lenovo ideapad slim 350(AMD 14)の外観Lenovo ideapad slim 350(AMD 14)の外観2

寸法は327.1x241x19.9㎜で、14型では少し厚みがありますね。19.9㎜と言うと、6枚切り食パンの厚さが1枚20㎜(2㎝)なのでほぼ同じ大きさです。

重量は1.5㎏とそこそこ軽く、カラーはミネラルグレーで定番のアイデアパッドの色です。

Lenovo ideapad slim 350(AMD 14)ディスプレイ・Microsoft officeを使っている写真

Microsoft Office搭載モデルもあるので、必要な人は確認をして購入しましょう。オフィス付きと無しでは、約2万円の差額があります。必要だけど2万円はきついという人は、オンラインで使える無料のオフィスがあるので、そちらを使えば大丈夫です。

Lenovo ideapad slim 350(AMD 14)のプライバシーシャッター

通常LenovoではThinkShutterと呼ばれる前面カメラのカバーですが、本機種ではプライバシーシャッターという名称になっています。私は常にカバーを付けていますね。変なご時世ですから。

Lenovo ideapad slim 350(AMD 14)のインターフェイス

インターフェイスは、

電源・4-in-1メディアカードリーダー・マイク、ヘッドホンジャック・電源ジャック・HDMI・USB2.0・USB3.0

となっています。カメラを使っている人はSDカードのデータ移動が簡単になるし、HDMIポートを使って外部ディスプレイに簡単に接続できるので使いやすいです。

購入方法

Lenovoでは同じ機種でも多くのスペック違いが販売されているので、どれを買ったらいいか分からなくなる人もいるので、確認個所と意味を解説していきます。

Ideapad slim 350(amd 14)各韻個所と購入方法確認個所

  1. プロセッサー
  2. ディスプレイ
  3. メモリー
  4. ストレージ
  5. Office

公式ページでは10種類以上の違うスペックのものが販売されていますが、確認個所は赤枠の5か所になります。

項目選び方
プロセッサーA4-3020E・・・時々しか使わない人
Ryzen 3 4300U・・・毎日使う人
Ryzen 5 4500U・・・重たいソフトなどを扱う人
Ryzen 7 4700U・・・がっつり使う人
ディスプレイHD・・・時々しか使わない人
FHD・・・これが標準性能なので選びたい
メモリー(RAM)4GB・・・プロッセッサーのA4、Ryzen 3を選ぶ人
8GB・・・Ryzen 3,5,7を選択する人(4GBオンボード、4GBスロット)
ストレージ128GB・・・ライトユーザー
256GB・・・標準サイズなので選びたい
512GB・・・大きなファイルなどを頻繁に扱う人
Officeレポートを書く学生、家計簿などを付ける人、書類作成が多いビジネスパーソン

プロセッサーは、ちょっと細かい解説をしておきます。下のグラフは、Intel製のCPUやRyzenの前世代のものと比較していますが、Ryzen 3 4300Uでさえかなり性能が高く、Intel core i7-10610Uという高性能モデルより高いスコアを出しています。

Ryzenは3000番台から4000番台に上がり、性能が倍増しましたね。かなり快適にパソコンが使えます。ノートパソコンに使われるCPUの上位モデルに位置するほどです。

それではスペックの組み合わせを紹介します。

CPURAMストレージ
ライトユーザーA44GB128GB
ミドルユーザーRyzen 3もしくは58GB256GB~
ヘビーユーザーRyzen 78GB512GB

もしメモリが足りないとなったら、8GBのモデルを選んだ場合はメモリスロットが1つあるので増設できるようです。

まとめ

ここまでスペックが高い低価格機種も久しぶりに見た、と言うくらい性能が高いです。このパソコンが遅くて使いにくい!と思うほどのユーザーは、ほぼいないと思いますよ。

セール期間でここまで安くなっているので、詳細は公式ページで確認をしてみて下さい。